事例紹介

人事・労務 階層別研修 (四年制単科大学:関東地区)

導入イメージ
四年制単科大学(名前非公表)様

導入の概要

多くの大学・学校では事務職員の人事評価制度の導入が進んでいますが、問題なく運用されている学校は実際には少なく、現場レベルでは数々の課題を抱えているのが実情です。その最大の原因は、人事評価についての評価者側の抵抗感、理解不足です。人事評価を職員の成長に有効に反映させることができるように、評価者研修を行います。

目的

評価制度を入れたものの、しばらくたっており、見直しや制度改善のために研修を実施しました。階層別研修でしたので、評価者と被評価者それぞれ別に研修を行いました。両方が受けることで、認識の齟齬を防ぎ、評価制度の本質を理解してもらいたいと思いました。

参加者の声

・「当たり前のことですが、我々の業務はすべて教員・学生のためであるということを再認識した研修会でした。」

・「大学における理事者・教員・職員の役割分担および事務職員に求められる能力について学びました。」

・「人事評価は成長のために行うことを理解しました。上長ならびに同僚のみなさんとの信頼関係の重要性を再認識しました。自己評価の際にはワナに陥らないように気をつけます。」

URL

http://educe-ac.com/service/docs/14_personnelassessment.pdf

テーマ

評価者研修/被評価者研修

一覧へ戻る

お問い合わせ・資料請求はこちらから受け付けております
電話:03-5809-3191(受付時間/9:00~18:00(土日祝除く)
お問い合わせ
資料請求

page top