セミナー情報

[セミナー開催レポート]迫る2018年問題 超少子化時代の学生募集戦略

会場
東京、大阪

学校経営改善セミナー2014秋

18歳人口が再び大きく減少し始める2018年まで後4年、超少子化時代を生き抜くためには、今から中長期的に取り組み、他校の差別化を図っていくことが重要です。学生募集を戦略から考え直し、次年度の策を練るための知見を提供できればと、10月20日には東京で、同月24日に大阪で、学校経営改善セミナーを開催いたしました。

WEBを制する学校が、入試広報を制する

1410学生募集セミナー_櫻田さん.jpg

第一部では、入試広報戦略のうち、特にWEBマーケティングについて取り上げました。インターネットが普及し始めて10数年、今や「ITを深堀りする時代になってきた」と櫻田氏は語りました。私たちの生活は、インターネットを切っても切れない状態にあります。インターネットがすべての入り口になりつつある今、最新のWEBマーケティングを自由自在に使いこなすことが、入試広報でも重要になってきています。講演では、WEBマーケティング戦略の立て方から、最新キーワードの紹介まで広く取扱いました。

[参加者の声]
「紙媒体から、WEBやSNSに切り替えていきたいと考えていたので、今回のお話は学内での説得材料として役に立ちそうです」「WEBを制する学校が、入試広報を制する、という言葉が印象的だった」

”変わらない”というリスクもある

1410学生募集セミナー_木村さん2.jpg続く第二部では、入試広報戦略自体の見直しと構築法について、STPやAIDMAの法則などのマーケティングセオリーをいかに学生募集に応用するかというお話をいたしました。どちらかというと、“変わる”ということにリスクを感じてしまいがちですが、一方で、周りの環境は変化し続けています。したがって“変わらない”というリスクもあるのだと木村氏は語りました。入試広報戦略も、常にレビューを行い、状況に応じて柔軟に戦略を練り直せることが肝です。当日は、戦略を机上の空論で終わらせず、実際に実行できるよう施策に落とし込むためのツールも配布させていただきました。

[参加者の声]
「目標設定・戦略シート、活用させていただきます」
「セグメンテーション、ターゲッティングについて、本校もきちんと整理したいと思いました」

データの取得はデータの分析方法、目的から逆算して実施

1410学生募集セミナー_黒田さん.jpg

最後の第三部では、データ分析に基づいて募集戦略のPDCAを回せるよう、データの分析方法について具体例をご紹介しながら説明いたしました。志願者との最初の接触である資料請求時、それから直接接触する来校時が、直接の志願者データを取得できるチャンスです。しかしながら、データの分析方法や目的が明確になっていないと、募集戦略を練り直す際ための分析に必要な、“取得すべきデータ”を取得しそびれてしまいます。つい後回しになってしまいがちなデータの管理・分析について、実践的なレクチャーをいたしました。

[参加者の声]
「具体例を上げて説明いただいたので、データ分析について非常によく理解できた」
「データ分析のゴールをオープンキャンパスに設定してみるというのは、わかりやすかった」



当日は、会場はほぼ満席、東京・大阪合わせて94校108名の方がご参加くださり、大盛況に終わりました。
今回初めてご参加くださった方も多く、「入試広報の業務に就いて日が浅いため、戦略的なアプローチについて勉強させていただき有難く思いました。来春のセミナーにも是非参加したいと思います」「初めて参加しました。他業者の広報セミナーとは異なり、具体的なものでした。参加できてよかったです」
など、うれしい声を頂きました。

リピートくださった方からも、「WEBトレンドからプランニング、そして分析の具体例と、今回も非常に役に立つ内容でした。また参加したいです」などの声をいただきました。

※講演の詳しい内容は、追ってエデュース学校経営研究所のブログにまとめて掲載いたします。ご覧いただければ幸いです。(エデュース学校経営研究所 ブログ http://educe-ac.com/blog/68.php

 

学校経営改善セミナーは、最先端の学校経営に関する知見を公開し、実際の学校現場で役立てていただくことを目的とし、定期的に開催しております。次回の詳細情報は、順次HPにて掲載してまいります。皆さまのご参加をお待ちしております。

開催概要

タイトル

迫る2018年問題 超少子化時代の学生募集戦略
~短期・中長期の学生募集戦略立案と実行の具体策~

講師

櫻田勝久(パートナーコンサルタント)
木村克紀(株式会社エデュース取締役 学校経営コンサルタント)

日時・会場

東京会場
2014年10月20日(月) 中央大学駿河台記念館2階285号室

大阪会場
2014年10月24日(金) 追手門学院 大阪城スクエア 大手前ホールD

参加費 無料

 

 

一覧へ戻る

今後開催予定のセミナー

開催日【東京】7月18日(木) 【大阪】7月25日(木)科学研究費・研究業績に関わるセミナー

【東京会場・大阪会場】"科研費改革"その先の研究支援体制とは

【東京】中央大学駿河台記念館 610号室 【大阪】大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー 204号室

第1部 日本の大学における学術研究の現状と今後について     

 
講師:豊田 長康 氏 鈴鹿医療科学大学 学長
日本の学術論文数から見た研究競争力は2004年前後から失速し、これまでの政府の各種の大学政策や科学技術政策にも関わらず、低迷状態が続いています。特に論文の注目度に関連する指標である分野調整被引用インパクト(タイムズ世界大学ランキングの重要な指標)は低迷し、インパクト・ファクターの高い学術誌への日本の掲載論文数が激減するなど、数ばかりではなく質的にも競争力が低下しました。このような状況に対し、政府は、論文注目度指標(トップ10%論文数割合等)の共通指標に基づいて資源配分をすることなど、より厳しい大学政策を実施しようとしています。論文の注目度指標を資源配分の基準に用いることの是非については議論があるものの、今後、各大学には、否応なく論文注目度指標を高めることが求められる可能性があります。この講演では、大学の論文注目度指標を左右するさまざまな要因について解説します。
 

第2部 "科研費改革"その先の研究支援体制とは     

~ 科研費改革を踏まえた、研究支援体制の最新トレンドについて ~
        
   講師:中安 豪 氏  ロバスト・ジャパン株式会社 代表取締役社長  理学博士 
「申請様式変更」「倫理・利益相反への配慮」「安全保障輸出管理への対応」など、研究支援を取り巻く
環境は大きく変化しています。本セミナーでは2019年度科研費申請様式の変更点について、採択状況を
踏まえて解説すると共に、研究支援体制を取り巻く最新のトピックスについても、分かりやすく解説します。
 

第3部 研究支援体制の強化のために ソリューション紹介

   
   株式会社エデュース 営業部
150以上の研究機関での導入実績を誇る、研究費管理システム「科研費プロ」や、教員業績管理システム 「研究業績プロ」を始め、教員様、及び研究支援部署様向けの各種研修会・勉強会など、研究支援ご担当様の課題解決につながる、エデュースのソリューションをご紹介します。
 

開催概要

【東 京】 2019月7月18日(木) 13:30-17:00 (受付開始13:00-)※終了いたしました。
                中央大学駿河台記念館 6階 610号室 2階 281号室
      アクセス方法はこちら
【大 阪】 2019月7月25日(木) 13:30-17:00 (受付開始13:00-)
                大阪工業大学梅田キャンパス(OIT梅田タワー)2階セミナー室204号室
      アクセス方法はこちら
【費 用】  無料(要予約)
【主 催】 株式会社エデュース 
【後 援】 ロバスト・ジャパン株式会社
【共 催】 株式会社エデュースキャリアデザイン/エデュース学校経営研究所
【お問合せ】(東京会場担当:落合)TEL:03-5809-3191 
                  (大阪会場担当:中村)TEL:06-6885-3505
      (会場共通)MAILworkshop@educe-ac.com
お問い合わせ・資料請求はこちらから受け付けております
電話:03-5809-3191(受付時間/9:00~18:00(土日祝除く)
お問い合わせ
資料請求

page top